COZY NEW STYLE


from cozy in JPN
by cozy2006
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Bali Days

最初は、ニュージーに行きたかったのよね。
海外でのスノーボードがお互い兼ねてからの夢でした。

しかし、慣れない先進国で気とお金を使うよりも、親しみやすいアジアのリゾートでたまにはリッチに過ごそう!ということで、人数と見積もりが跳ね上がる結婚式準備のさなか、急遽バリ行きが決定したのでした。


私はハネム〜〜ンに特に思い入れはなく、親戚巡りでいいと思っていたなか(そのかし結婚式には全力を注ぎましたが)、彼が「俺の勤務人生、最初で最後の長期休暇じゃ!ドカンと行こう!!」と言ってくれたので、それはもう意外で、結構嬉しいものでした。


また、バリはヒンドゥー教の整地、「神々の島」ともあり、敬愛する中島らもの「水に似た感覚」でも感じたその「分かる人には分かる、ゾっとするような神聖感」に大変興味があり、また観光オンリーの海外は卒業旅行ぶりということもあり、そりゃあウキウキして出発した次第であります。

ということで、今となっては夢のような、バリでの旅行日記を簡単に書いていきます!金額等書いていくので、バリ旅行の参考になれば幸いです。


1日目
深夜23時にデンパサール空港着。正式にはバリ ングラ ライ空港で、デンパサール町ではなくクタの近くに位置します。
サーフィンをしにバリに通う消防仲間に、「空港で勝手に荷物を持ち、後からチップを要求するオッサンたちに気をつけろ!」と助言された彼は、やたらおっさんたちの行動に反応する。
持たれてもいないのに、やたら「アッ、ノーサンキュー」を連発。笑
今夜はクタの安宿(1泊1室2,800円)に泊まる。部屋は狭いけど、エアコンも効いてるし、温水も出るし、朝食付きだし、上等でしょ!!コンビニで買ったビンタンビールで乾杯。
いやいや!学生の貧乏旅行ではないっす!

d0071975_18355927.jpg

宿泊先:マタハリバンガロー
これはネットでの旅行業者を通した方が安い。



2日目
ウブドへの移動日。
サーフショップで買い物をしたくてしょうがない彼に付き合い、午前中荷物を持ちながらレギャン通りを歩く。よって、タクシーの客引きがしつこい。ここでも彼が異常反応、「クラクションを鳴らすな〜〜!」と張り合う。

d0071975_18381750.jpg


ブルーバードタクシーでメーターで走ってもらい、約200,000ルピア(2,400円くらい)で山中のアートシティ、ウブドへ1時間半。この旅行中、私の「乗り物に乗ると眠ってしまう病」に、なんど彼が喪心したことか、としみじみ成田で聞かされたことか。笑

それでね!ウブドでの宿泊が、ARMA Resort。ここ、すっごいよかったよ!ARMA美術館の敷地内にあり、部屋も彫刻品の中のようでした。洗面所&フロ&トイレがでかい1室にあり、ものすごい開放感です。


d0071975_18473779.jpg
テラスもめちゃ広い。一泊一部屋14,000円

ネットでも調べたのですが、表に面した12号室がおすすめです。それ意外はほとんど高級ヴィラでした。
従業員のサービスが徹底しており、すごい。ウブド中心街へも送迎バスが多くでており、食事をしたレストランで一報してもらうと、すぐ車が来てくれました。
それにね〜、そこの姉さん。カヤって、いいよ!!!お姫様気分&秘密感もりもりでっせ!げへげへ。

宿泊先:ARMA Resort
ここも、ネットで業者を通した方が安い。

3日目
昨日従業員を通してお願いをしたラフティングへ。場所はアグン川。
すっご〜〜〜面白かった!私は初体験でしたが、こんなにもボートが無茶できるものとは思いませんでした。ものすごい自然の中だし。日本語を話すガイドもものすごいいい人だし!バリニーズにひっかかる女性の気持ちがわかったような、わからんような。。。
料金は値切って昼食付きで二人で40ドル。

d0071975_18581367.jpg
白人ビーチク姉ちゃんに「グッジョブ!」と言われるほど、休憩地で一番に川に飛び込みました。ウッヒョ〜〜!


昼寝して、美術館巡り&ウブド中心街で市場買物、夕食。
ウブドの町はいいね〜。観光地化され、コピーも多く、アートの町なのか否かという論議もあるかと思いますが、なんてったって町でおばちゃんが元気だ。そしてそのアート性というか、造ってやるぞという根性は、町中ではなく移動中の郊外でのほうが顕著でした。
また、美術館を回って二人で合致したことは、「マンガ絵みたいで、親しみがわくね」とのこと。そういえば、町の彫刻も石彫りも、なんだか怪しいんだよなあ。

今夜はラフティングで一緒だった、「クタは行った事ないけどウブドは4回目」という不倫カップルに教えてもらった、通称Duty Duckというレストランで鴨料理を。ギュっとつまった肉の味がよい、でも軟骨は少ない、そして敷地内に広がる構造がすごい!バリならではの開放感でした。値段も高くないしね!


d0071975_1995161.jpg



4日目
クタへの移動日。
ウブド周辺の石像&遺跡をまわりつつホテルまで、と半日ドライバーをチャーター。400,000ルピア。運転手が気のいい「オクさん」。
私のゴリ押しで、ウブド周辺のゴアガジャ遺跡、イエプル遺跡、寺、を回る。あらためて想う、遺跡というのはそれそのものに何かを求めていくんじゃなくて、そこに今もある人々との関係が大事なんだなあと。
今回はとくに、「え!!??これが遺跡??」と思うような場所もありましたがね、それはそれでいいんだな。観光客が求めるものなんて、そんなもんなんだから。

d0071975_1923154.jpg
いきなりまじないを始め、チップを要求する人気者ばあちゃん。口の中が噛みタバコで真っ赤で、彼怖がる。

銀細工工房、バティック工房、豆屋さんを経由した後、
ビーチ沿いBBQレストランへ連れられる。ドライバーは、こういった店々からのマージンが大きな収入源なのだな、このやろう。
この店高そうやな〜、エビ1キロ3,000円!?ぼったくりやないけ!と騒ぐも、これまたハネムーン力。結局トロピカルスペシャルカクテルまで頼んでるし!

d0071975_19282143.jpg

アラックと、ラムと、ジン+トロピカルフルーツジュースのミックスされたこの飲み物には、初めてギブアップをした二人でした。

で、ほとなくクタのホテルに到着。

で、チェックインの際に気づく。
「パスポートは・・??」


...!!??ウブドのホテルのセーフティーボックスに置いてきた〜!

ということで、
2日後にもってきてくれるという両ホテルのご好意もふまえて話し合った結果、再度タクシーで取りに行く事へ。何事もディシジョンメイキングじゃ〜〜!
その鍵を任されていた彼は消沈。私は爆睡。
で、またARMAに到着したわけですが、どこから聞いたのか、「オクさん」がバイクでギリギリ駆けつけてきており、「車内で話題になった、僕の友人が作るバリ最高の酒、アラックをあげたくて・・」と!!
水のペットボトルに入った光る透明な液体!
ああ、オクさん!ありがとう!!!
しかし、まさに密造酒であるアラックは、盛大に乾杯したもののタイヤの焼けた匂いがして、一杯でノックダウンでした!!


意外に今日の昼食が高くついたので、今夜は近くにできたばかりの野外フードコート。

d0071975_2010361.jpg
ここもやはり風呂がすげえ!

宿泊先:ここで〜す!私が全身全霊をかけて奪取した部屋は!
アラムクルクル
アラムヴィラ1泊1部屋20,000円。ここは直接ホテルと事前取引した方が安い。ここもカヤよ〜!



5日目
朝、朝食を済ませビーチを歩く。
やる、やらないの葛藤に苦しんだあげく、
「オネーさん、2時間教えるよ、2時間で立てなかったら30%お金かえすヨ」というなめたビーチボーイの言葉をきっかけに、突如サーフィンやったるで〜〜!!
ロングだけど。2枚で1時間50,000ルピア。
でね、彼に教えてもらい立った感激さながら、
あのでっかい波を目の前に、海にいざむのはこんなにも気持ちのいい事か!!とさらに感激。
海水飲み過ぎて、膝を打ちすぎて体も痛いんですがね。いや〜〜〜!!

で、午後は買物。

夕方、ホテルのウェルカムカクテルパーティがあるとのこと、ただ酒をもらいにテラス会場へ。
そこで仲良くなった1家族と、深夜まで遊ぶ。
お姉ちゃんエリちゃんは、しっかりもの。絵が上手。
弟ヒロくんは、常に上唇をなめ回すという無敵な癖があり、
やたら親にパンチをくらわせる、という困った小僧。でも弱い。絵を描くと、タイヤしか描かない。

レストランの池の鯉に餌をあげにいったとき、ヒロくんがお姉ちゃんに、
「こうやって足で餌をすりつぶすんだってよ〜!あのオッサン(彼)が言ってた!!」
と一生懸命説明していたとのこと。
「おっさんて!」と彼消沈。私大爆笑。

笑わせる度に、エリちゃんが「出会ってよかった〜〜!」と、やたらマセた感激をしてました。

親の二人とは、ずっと都市計画の話をしていました。

は〜、子供と遊ぶのって意外性抜群でなんて面白いんでしょ。疲れるけど。笑


d0071975_19503372.jpg



6日目

今日は昨日中よくなったドライバー「マディさん」におまかせの1日チャーター。なんと250,000ルピア。しかしね〜、マディさん風邪をひいており、今考えればこの日に風邪を頂いてきたのかもね〜。

ヌサドゥアビーチで、パラセイリング&ウェイクボード&シュノーケリング。二人で90ドル。
ウェイクボード、彼一発立ち。私は3回トライして立てず、腕の筋肉がつり彼と交代。
きゃ〜〜〜悔しい〜〜〜!彼はなにかに目覚めたようでした。

d0071975_19544592.jpg


d0071975_19553016.jpg


d0071975_1956162.jpg


ここでお世話になった新庄似のレッドさんが、自作のCDをくれました。
作詞作曲して、たくさんカセットを出したんだって!
「そうとうコッチのほうがいいんじゃないの〜?」と聞くと、
「いやーシュミだから。もうかるのはシャチョーだけ。うひひひ。楽しければいいの。」だって。
ビーチライフに憧れる。

遅いお昼。
d0071975_851571.jpg


南のはじっこのウルワトゥ寺院でケチャ鑑賞。
d0071975_8523143.jpg

あっという間の1日でした。


遊び疲れて、今夜も野外フードコート。。。



7日目
朝、またサーフィン。今度はファンボード!
難しいけど楽しい!動く!!立ったよ!

で、買物。。お土産のさなか、彼が買った一番でかいものは、オークレーのサングラス。
私はグラビスのキャリーバッグ。
なんだかんだで、買っちゃったなあ。

もう外食にも飽きてきた二人、
ルームサービスでピザをとって、コンビニビールで映画を見る。



8日目
帰国日。でも便は夜中24時。
早朝にして体調が悪い。体が熱い。
粘ったがこりゃムリ、ということで12時までのチェックアウトを済ませ、最初の宿マタハリバンガローを取る。
私は一日そこで休み、彼は買物へ。


>>>ってことでした!
あーー疲れた!
ハネムーン、いいっすよ!
長旅&非日常ですからね、私もそりゃ話してる最中にプーが出てびっくりしましたよ。
頼るときは頼る、頼られるときは頑張る!って構造に
甘えられます。

病気も治った今、ほんとに、一夜の夢のようだなあ。

そして帰ってきて風邪を治してはや1週間。
近所の盆踊りを聴きながら机に向かう訳です。
ご察しの通り、持って行った参考書等は、
ほとんど開けられなかったわけで!!!
そんなわけで、なんの良い訳もございません!

なんだかな〜、自分が苦しいのはどうでもよくて、
大事な人を喜ばせてあげたいなあ。


というわけで!
どうか皆さん、青春を邑楽してください!!
だって夏だからね!!
[PR]
by cozy2006 | 2007-08-06 20:31 | HOLIDAY
<< HOT SNOT DAYS a digression >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
LINKS
(順不同)

ぶらパチ写真館 Trot 'n Shoot Photo Gallery

街と人を愛し、愛される、ステキなおじさまHemlenさんです。(in English too)

会社を辞めて旅に出た~現在中国留学中~

山岳民族とその文化・人を見つめる、ゴトヒロさんの貴重な写真、記録(日記)です。

NAGAI TAKUMI.COM

スノーボードの大先輩!家族も増えて、ますます活躍爆進中です。

hybird state

好奇心と行動力には感服!のBIGパパです。意味深なフレーズがクセになります。

おっちゃんのジオログ

社会を斬り純粋な心で世界を見る、熱く穏やかなおっちゃんさん。

muchas gracias!

ときには世界、ときには日常を旅するカメラウーマン&チャリダー嬢。
写真のセンスがヤバイっす!!

VW ClassicLINEで☆Let'sらプ~プ~☆三

大学先輩@五島列島 ごっつシブくて愉快な先輩。
ご結婚OMEDEトウ!!

haru日記

真の強い長野っこ。優秀な後輩です。この夏なにかが起こる!??

☆Shiho-Style☆

彼の地で会った、チャキチャキ京都娘!!ものすごい頑張り屋。ノッテけ社会人!

たいやきやいた

AITで出会ったお兄ちゃん。彼の半分は
優しさでできています。

しゃかとう

タイで出会った、あま~いあま~い恋人&戦友。われらのアイドルです。


TAKUMI KODAMA

アコギの大先輩。
ザ・LOVE and PEACE!!

COZY AMAZING + SURVIVABLE LIFE IN THAILAND

タイでの奮闘記。
COZY@Thailand
2004-2006

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧